「認知症の人」も褒められると嬉しいと感じる…。       〇フリルンタオル誕生秘話その14「規定より軽いものが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

〇皆様こんにちは少し間が空いてしまいました…、ごめんなさい。今年の桜も満開となりましたね、都心もそうですが私の近所の桜並木もすっかり満開となっております。昨日その近くを通りましたらハラハラとピンク色の花びらが舞い降りていました。「花の命は短くて…」「三日見ぬ間の桜かな…」などの言葉がぴったりですね。

 先日、「認知症を予防しよう、そして進まないよう食い止めよう」の懇親会に行きました。その話の中に認知症の人もなんで褒められたか忘れたが、褒められた時の嬉しさは忘れないと…、褒められると誰でも嬉しいいです。いい年をして自分もそのような時があります、朝からウキウキして鼻歌を歌いながら台所をしたりしている自分にあきれます、よく考えるとほんのちょっとしたことを誰かに褒められたりしたときです。そして認知症の人には怒ってはいけないということも知りました。

 ここのところ自分の回りの人たちが相次いで「認知症」になっているように思いいます、残念というか悲しい…、もったいない…そんな切ない気持ちになるのです。特に生まれ故郷のあの富士山のふもとで1人で生活をしているH子ちゃんです、小学校からの70年来の親友です、H子ちゃんはいつもいつも私を褒めてくれていました。例えば「みっこちゃんは頭が良いだけでなく人の喜ぶことをいつも考えてくれるのね」「いつもいつも弱い人の見方をしてくれて、強い人にも言いにくい事をハッキリ言ってくれるわ…」等など、ちょっとそれはほめ過ぎではないの…と言うくらい私を褒めてくれていました。私も負けずにH子ちゃんを褒め「H子ちゃんは本当にいい声で歌が上手ね…」「H子ちゃんの女らしいしぐさが私には無いわ…」等です、二人は褒め合って続いていました。

 が、昨秋の事です…、送った絵手紙をいつも褒めてくれるのに急に「どうして私にばかり絵手紙を送ってくるの?YちゃんUちゃんにはどうして出さないの?」とハガキが来ました。私はビックリしてすぐ携帯へかけました…が、出ません、何回も何回もかけましたが同じです。「可愛さ余って憎さ100倍…」等と言う言葉が脳裏をかすめます…、そうでは無いかも知れませんが、きっと何かが心を閉ざしてしまったのでしょう…。最近やっと自分の中にも諦めにも似た気持ちが生じています、勿論がっかりです、寂しいですそして辛さが残ります…、でも、いつか又何事も無かったかのように話が出来る日が来ることを願っています。

IMG_20170407_0001

IMG_20170407_0002

 〇フリルンタオル誕生秘話その14   「規定の重さより軽いフリルンが…」刑務作業所生産は見事失敗に終わる。

 そこは横浜にある地下鉄の駅から徒歩で行けるビックリするほど都心に近いところにありました。主に若い人が収容されているところと聞きました。北関東のT刑務作業所の紹介でした、そこが工事中とのことで2年の歳月を待ちに待った刑務作業所であったわけです。が、思う様な品が仕上がってくる事は一度もありませんでした。フリルが平坦に縫製されない…、団子のように一か所に固まったついてしまうのです。勿論全品検査をして納得できるもののみを出荷したつもりでしたが、検査の仕方が甘く適性品で無いものを出荷した可能性は大いにありました、今頃思ってもどうにもなりませんが後悔はいっぱいです。

 そして、ある日の事ですふと思ったのです…、「これは軽いのでは…」と、計ってみると確かに軽いのです、「なぜ?…、どうして…」不安がし募ります。その当時2社から生地を入れて頂いていました、結果論ですがその1社が約束の製糸でなくすこし細いのを使って生地にしていたのを使ってしまったのです。まさかそんな事をするとは夢にも思いませんでした、すぐ人を信用する信用してしまう自分の性格の甘さが大きな失敗を生むことになりました。

 「お客様の手に渡ってから、クレームが来てからでなく良かった…」と思うしかありませんでした、そんな薄い生地に気づかずフリルを縫い付けたその刑務作業所の責任者に怒りはありましたが、「そのような事にも注意して下さい」と言わなかった自分に落ち度があったわけです、お世話になった期間はあまりにも短く一年にも満たなかったと思います。このようなところで造って頂けば市場よりはいくらか安い工賃でお願い出来るし、このフリルンタオルは価格さえ安く売ることが出来ればもっともっと需要が増えるにちがいない、ひとりでも多くの人に喜んで頂き使って貰いたいと思っていました。夢にまで見た刑務作業所でしたがそれは思ってもみない結末となってあっさり終止符を打つことになってしまったのです、全てを諦めてこの工場を後にしました。
 町中に出るとクリスマスが近い横浜の街はサンタクロースやトナカイのイルミネーションが赤やオレンジ、グリーン、イエロー等々色がキラキラと華やかに何事も無かったように輝いていました。20年程過ぎ去った今でもその時の誰にも話すことも聞いて貰う事も出来ない情けない自分の落ち込んだ気持ちと、横浜の華やかな町中の風景の落差が大きく宵闇迫ったこの風景を自分の気持ちの中から消すことが出来ません…。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です