人の言葉の裏を読めなかった自分…。  フリルンタオル誕生秘話その12 「自由と言うことの幸せ

 年が明けますと当然の事ながらこのシーズンは「新年会」が幾つもあります、私は若くないですからギリギリの数で止めておこうと思います。が、どうしてもお断りできないとか、やむを得ず…等と言うこともあります。少し前の事でした仕事仲間の責任者が都合でどうしても出られなくそのピンチヒッターとして女性ばかりの100人余りが出席する新年会に出かけました。
 同じテーブルには来賓の方々の他にその会の責任者である70代前半の女性が同席されました、世間話を進めるうちに「お宅の会はいつも御馳走が沢山並んでおりますものね…」このようなことを云い始めました。私は来賓席に座ったためかかなり緊張をしていました「こんなところへ座ってしまいこの会場に自分の事を知っている人がいたらどうしよう…」等と考えていました。言い訳になりますがそんなこともあったのだと思います、なんとこのような返事をしてしまったのです。「私どもの会も
以前は業者のオードブル等をとっていたのですが、なにか中身がないように感じられて役員さんで手分けして作ってくることにしたんです。例えばIさんはから揚げ等、Uさんは煮物がお上手なのでそれをたのみ、私はおにぎりになるかちらし寿司になるかわからないでけどご飯もの…というぐあに…、同じようなものがだぶらないように…」等と言ってしまいました。
 帰宅してから「自分はなんてバカな返事をしてしまったのだろうか…とても恥ずかしい事を云ってしまった…」と、そんなことを云うべきでは無かったのだと。「そんなことはありません、今日のこのお料理は普段家ではお目にかかれないような、凝ったお料理が並んで皆さんそれぞれの腕を振るわれたのですね…」とこのような受け答えをするべきだったのに…と、大いに反省をした次第です。
 お客様とお話をさせて頂くとき「相手はどんな言葉を待っているのか…」「イエス」が正しいのか「ノー」が適切なのかいつも考えているつもりだったのに慣れない席で自分はなんて「軽い言葉」を発してしまったのか…とここ数日後悔しきりです。

この北関東にあるT刑務作業所を後にしたのは梅雨時の雲の切れ間から真夏の様な太陽が照りつける7月の中旬の事でした。駅までの徒歩20分近い道でしょうか帰りはとぼとぼと歩いて帰りました、この時のことを余り覚えていないのが正直な気持ちです。興奮というか自分は見てはいけないものを見てしまった…、知らなくていい事を知ってしまった、或るいはこれは天が自分に見せてくれた世界なのかも知れない…とか、わけのわからない事を考えながらボーっとした気持ちで歩いてきたように思います。
 緑濃い山々が見える200メートル位の大きな橋を渡ったところの木陰で一休みです、汗を拭いながらそばを流れる小川をじーっと見ていました。その水のなんときれいなことでしょう、川底の一つ一つの石も水苔もくっきりと見えます。その「水さん」達ははしゃいでいました流れ来る木の葉を飛び越え石から石へ岩から岩へ「チョロチョロ」「ピチャピチャ」「ビューンビューン」、どこへ飛ぼうがどこへ座ろうがなんの話をしようが全く自由です好き勝手です。好きなところへ行ける、自由な話ができる、勝手にどこへでも行ける、寝ようが起きようが誰に何を言われることもない…、普段自分が思ったことも全く考えたこともないそれらが、宝物のように感じました、自分は宝の山で生活をしているんだ…なんてもったいない事をしていたんだろうか…と。。
 ここの刑務作業所はその時は仕事がいっぱいと言うことで神奈川県にある主に青年が入っている刑務作業所を紹介して頂きました。そこは工事をしており2年後に改めて行くことを約束しました。

 

墓地で「持ちましょう…」と水を持って頂き複雑な心境でした…。  フリルンタオル誕生秘話その11  刑務作業所を訪れる…」

明けましておめでとうございます。早々と今日は7日となりました…、皆様はどんなお正月休みでしたでしょうか…。私は毎年のことながらお正月休みに年賀状を
書いている次第です、すみません…。
 お正月早々ですが人生で初めての経験でした年末にお墓参りに行った時のことです、水汲み場で品の良い60代半ばくらいの男性が一生懸命花立を洗っていました。その姿に見とれて「いいですねえ~、ご主人がお墓参りにきて下さって奥さんが羨ましいです…」と私は声をかけました。するとその方は「今はそういう時代でしょっ」と言うのです、そして「女の人はあれやこれや忙しいですからね~」と。
 そうこうしているうちに私のバケツに水が溜まりました、するとその方は「お持ちしましょ」とサッと私のバケツを持って下さったのです。「どちらですか…」と
さっさと歩き始めました「女の人からすれば、この水も結構重いですからねぇ…」と。、私は「すみませんです…、」といい、後を追う様に歩きました、そして思わず「旦那さんのような方と一緒になりたかったです、と主人の両親が眠る墓地で不謹慎なことを言っていました。
 そして改めて思いました、自分もいつの間にか人様に墓地の水を持っていただく年になっていたんだ…と、人様から見ればきっと「重いこの水を持ってあげよう…」或るいは「危ない足取りかも…」と映ったのかもしれません、どちらにしてもとても清々しい、そして暖かいいいお墓まりでした、有難うございます。

IMG_20170114_0001

 フリルンタオル誕生秘話 その11  価格を少しでも下げられないか…の思いで「北関東にある刑務作業所を訪れる…」

 平成10年梅雨休みの夏の太陽が雲の切れ間から照り付ける7月上旬の事でした、北関東にある「T刑務作業所」を訪れました。勿論人生で初めての場所です、10メートルはあろうかと思われる塀がぐるりと回されています。鉄製の古びた門を入るとキーンと張り詰めた静けさがありました、植え込みの木々の根元は雑草など一本も見当たりません。受付を通り係の方とお会いしました。早速その現場を見せて頂けることになりました、するとその方は「普通は女性の方はこの様なところには入れませんが吉村さんはこの商品を発明した方のようですから特別です。日本の女性でこの様なところへ入るのは多分吉村さんが初めてでしょう…」と言われました。この時の「日本の女性で吉村さんが初めて…」のこの言葉が後々も自分の生き方進むべき道しるべになっていった様に思います、胸に心に深く刻み込まれました。

 その作業所は昔の学校の渡り廊下ように木製の建物木製のすのこがひかれていました、50メートル程歩いた先にありました。案内をして下さる人の他に私の前と後ろにひとりづつの警備の人がつきました。「キョロキョロ見ないでください、部屋を出る時に後ろを振り返ってお辞儀をしないでください、そのまままっすぐ出て下さい。」と説明を受けました。
 一歩中に入るとそこは70~80坪ほどの作業所でした、作業している人は4~50人はいたでしょうか…、窓はいっぱいに明けられ大きなスタンド型の扇風機がその日の真夏の様な暑さを吹き飛ばすかのように目いっぱいの風を送っていました。 作業をしている人の後方から入りました、男性のみですそのがっちりとした骨組み、大きな背中にはその人が今まで生きてきた歴史を見るように感じとれました。そして息を呑むような恐い入れ墨が掘ってありました黒、紫、そして朱色です…絵は竜が多かったように覚えています。数分の事でしたが頭が真っ白と言うか自分は息をしていなかった様にも思いました。
 有名なデザイナーのさんの膝掛けのようなものを縫製していると聞きました、もう冬物の制作に入っているんだな~と思いました。このようなところへ来てしまうか、来なくて済むかは紙一重のところではなかったのか…と思いました、自分にも一つ間違えばこのようなところへ来てしまったかも知れないと思う事ががありましたから…。

 ここの作業所はその時は仕事がいっぱいとのことで他を紹介して頂きこの刑務所を後にしました。夏の太陽が真上から照り付ける暑い日でした。、